cookey0426.cocolog-nifty.com > 【ラッキードック1】ジャン衣装製作【Yシャツとドレス】

1

1

ジャンシャツ製作期。
ラキドにハマッたせいでついウッカリ製作開始。気が付いたら黄色ブロードを切り刻んでいたという…。

黄色と山吹色のブロード2色、用尺は各90cm幅×1.5m
白ライン用リボン3mm約16m
薄手芯地30cm、シャツ用ボタン12mm


22

22

ストライプ生地をまず作る為、2色の生地を10cm幅に裁断(縫い代1cmで、縫い合わせると8cm幅のストライプになる)
そのストライプの中心にただひたすらラインとして白リボンを縫い付けて行く。

よく「このシャツの切り替え大変じゃなかった!?」と言われますが、別に大変な事はないんです。
ただ…時間がかかる…だけで…(それが大変じゃねーか!!)


3

3

ひたすら縫い合わせたストライプの縫い代は、ロックミシン始末で更に切り落としておく。
縫い代はアイロンでキッチリ倒して完成。これからシャツの裁断(笑)


4

4

裁断さえしてしまえばコッチのもので、あとはフツーに縫製していきます。
型紙的には細身、丈短めの台襟シャツです。


5

5

襟を作った所。

ラインに使った白リボン、レーヨン素材なのを確認してなくて、途中で縮んでギャアー!な事になって焦りました。
慌てて水通ししてアイロンかけて、先に充分縮ませて使いました…。


1

1

こうして出来上がり~。袖もまくれるようにカフス仕立てですお。

着用画像…。ピンショでシャツが分かりやすい画像がありませんので(笑)ボディ着用画像のみです~。
このシャツは綿ブロードですが、サテンみたいな光沢のある素材の方がよかったかなとか思ったり。ジャンのチンピラ感が出ない~!


1

1

で、ジャンコス第2弾がこのイラスト(笑)公式ガイドブックの書き下ろしベルナルド×ジャン絵が可愛過ぎる!!!!ヤバイキタコレ由良様ありがとう!!!!と、いう訳でシャツの完成した後速攻で製作開始。萌えの勢い怖ぇー。

イラストを解読するに、サイド編み上げのビスチェ+タックボリュームスカート、という内容で解釈。
スカート部分のフワフワ感がポイントと見たので、製作しやすいように上下で分けてみました。
素材はビスチェはウエディングサテン(裏面使用)スカートはポリエステルタフタ。


22

22

次のポイントはスカートのお花。イラストではグレイと紫の中間色のような感じで描かれています…。微妙です…。そんな造花ねーよ!という訳で、生地で巻きバラ作ってみよう!(どんだけやる気なの)

ドレスの華やかさを出す為、二種類の生地を重ねて使います。
シャンブレータイプのオーガンジー、ツヤ感の強いサテン地を使用。


3

3

二種類の生地を広幅バイアスに裁断し(サテンの方を大きく裁断)重ねてなみ縫い~。
縫い縮めて巻いて形作ります。

詳しい巻きバラの作り方は他サイト様をご覧ください。大して難しいものではありません。


4

4

完成した巻きバラ。シャンブレーオーガンジーのツヤ感がうまく出て良い仕上がりになりました!
大きさはだいたい手のひらぐらい。特に形の良い大きな巻きバラはヘッドドレスに使います。

…で、これをひたすら15個程作ります…。


4_3

4_3

ヘッドドレス途中経過とネックレス。

ジャンの金リングのペンダントは、ドレスに合うよう自重しないアレンジを決行(笑)
黒レースとダイヤレーンの2連で豪華に!(ちなみに背中に一連ダイヤレーンが垂れる)


5_2

5_2

自重しないアレンジに拍車のかかったヘッドドレス(笑)
由良さんイラストでは黒リボンだけ描かれていますが(構図的に見えない)スカートと同じコサージュが付くのは当然だろう…と言うか俺のジャスティスって事で!!!!
黒リボン→軽く見せた方がいいよね~って事でオーガンジー。これだけでは地味なのでレース追加。
布だけで地味なので→余ったダイヤレーン付けたらいいんじゃね!?キラキラがあった方がお嬢様っぽくね!?
更にダメ押しでチュールネットまで追加。このあたりからどんどん暴走。


1_4

1_4

ビスチェ。ウエディングサテン裏に、厚手芯をがっちり貼って張り感を持たせています。
別布とループで編み上げ。

しかし脇に編み上げをすると、前後差のせいシワが入ってしまいますね(画像:指差し部分参照)


22_3

22_3

そんな訳で、ループを作った脇にドレス用ボーン(ワイヤー的なもの)を仕込みます。

…後ろの画像がサンレッドとか気にしない。


3_2

3_2

ボーンのお蔭で、脇のシワがキレイになりました。
コルセットやピッタリしたビスチェ、ドレス身頃などにはシルエットを保つ為必ずボーンが使われています。縫い代に仕込むだけで簡単にキレイなシルエットになりますお!ボーンは普通の手芸屋さんで買ってね!(愛社精神に満ち溢れている社員より)

あ、ちなみに黒の編み上げ部分は、なんと普通のゴムテープなんですよ!(笑)ゴムなら伸縮性があるからキッチリした編み上げをしても、伸びて着心地が楽です!しかもゴムだと気づく人は今の所皆無!おススメ~。


22_2

22_2

汚部屋で失礼。これしか画像がありません…。
ボリュームタックスカートに巻きバラ。
スカートの構成はワイヤーパニエ+タックスカート(土台スカート+オーバースカート)という感じ。
タックを取る為、スカート丈は通常100cmの所と150cm使用。スカート製図は円形ではなく、台形×3枚をウエストギャザーで製作。
このオーバースカートを土台スカート(丈は通常)に重ね、タックを取りバランスを見て巻きバラを縫いつけ。
土台スカートにもハードチュールを付けてボリュームを出しているので、ワイヤーパニエとの相乗効果でフワフワである。着ていて楽しい。


1

1

アレンジの悪ノリ。
ビスチェのおかげで胸元、背中、腕が丸見えでバランスが難しい為、黒のロンググローブを着用してみる事にしました。グローブの袖口にゴムレース付き。
更にこの衣装の初出しが3月末でまだ寒かった為、フェイクファーのケープまで作ってしまった。白ファーに裏地がシルバーのサテン!前合わせにリボン!やり過ぎだ!!(笑)

このケープを初め、ピンクのヒョウ柄にしようとしたら全力で止められた(そりゃそうだ)


Dsc_0299

Dsc_0299

…で、完成画像である。このどや顔っていったら(笑)

このビスチェの製図、7号でやったはずなんだけどギッチギチに詰めて更に編み上げなんでかなり未知の領域のサイズに!(5号より小さいよきっと!!)

由良さんイラストのイメージ、ドレスの可愛さを頑張って三次元に起こした…つもり…であるが、どうだろう?
撮影者:あきのちゃん


Imgp0161

Imgp0161

今回はドレス製作だけでなく、ベルナルドの着ているタキシード(既製品)の補正も頑張ってみました。
付き合ってくれたルキさん、本当にありがとう~!


Imgp0179

Imgp0179

お嬢様と下僕。下僕じゃなくて筆頭幹部様だよ!!カッコヨスなベルナルドにハスハス^^^^
パンプスも勿論白だよ!

ベルナルド:ルキさん
撮影者:Kすん