cookey0426.cocolog-nifty.com > 薬売り製作記

1

まずはネックレス。無駄に天然石…。
材料:山サンゴしずく型2.5cm、カーネリアン丸型8mm、丸大ビーズ、アジアンコード(細紐)

作り方はいたってシンプル。ビーズ通してノッティング(片結び)していくだけ。


1_1

鏡のペンダント。他の人とは違う感じで作りたかったので、塗料で着色せずに和紙を貼って製作。

材料:アクリルミラーパーツ(直径7cm)、軽量紙粘土、和紙、木工用ボンド、ニス、9ピン

まずミラーパーツ裏面に粘土を盛って山型の厚みを作り、水で濡らした和紙をボンドで貼る。図案に合わせて切り取った和紙を更に貼り、9ピンをトップに刺して(紐を通す為)表面にボンド塗り。乾いたら目打ちで筋彫りして、ニスを塗り完成。


1_3

着物本体。装飾が激しく入る為、二部式(着物上衣、下スカート)で製作。

使用生地
ポリエステルシャンタン(本体)3.8m
ブロケート(襟、裾)1m
綿むら染めpt紫、緑(模様)各1m 黄色(目玉)0.3m
ジャガード赤、青(模様)各0.3m
ブレード(銀)約10m
ブレード(金)約7m

模様ごとに質感の差が欲しかったので、綿とかポリエステル、平織りとサテン織など、素材をごちゃ混ぜ使いにしてみました。モノノ怪という作品は、結構舞台的な派手な演出が多いのでもっと華やかに作っても良いかなとも思ったのですが、三次元にした時のぶっとび感(笑)がいやだったので、ギリギリ抑えるように考慮しました。
袖だけがやたら重いです。


1_5

アンダー。襦袢もどきとパンツ(もんぺ?)どちらも綿ブロードで製作。

襦袢もどきに付けた半襟は絹の古布(アンティーク着物のハギレ)趣味で集めていたものが、薬売りのお陰で大活躍…。(この他に帯揚げなどに使用)
て言うかクリスマスカラーwww そして襦袢が赤ってデフォですよね(思い込み)

パンツはゴムで裾絞り。おまけとして、黒い紐に金色の鈴がこっそり付いていたりする。


1 6

カツラ、耳など。

髪の色に関しては、人によって金とか銀とか意見が分かれるようですが、私は「アッシュグレイ」と思い込み。コピックの色でいうとW系の色(ていうか個人的に好きな色…)お湯染めに失敗したので、コピックのバリオスインクをぶっかけ染め。2~3日放置して余分なインクを洗い落とす。うっすらとしか染まらないけど、これなら衣装に色移りしません(真っ白な衣装だと危険かも)
耳は単なるパーティーグッツ。
謎の髪留めは…これだけはどうも解釈の仕様がなかったので、古布の紐で縛ってみた。でもみんな粘土でリング状の物を作っていたので、そのうち作ります…。
バンダナは着物と共通の綿むら染めpt。

ついかんざしを挿してしまったが、自重はしない。


2

着物の模様。(画像はスカート部分)

型紙に図案を描き、模様ごとに縫い代を付けて裁断。縫い代に切り込みを入れて(カーブが多い為)アイロンで丁寧に折り込んでいく。
その後、本体に布用ボンドを薄く塗り仮止め。

薄く塗るのは、生地が薄いので染み出しを防ぐ為。


3

仮止めをしたら、ライン用ブレードを模様の生地の際にジグザグミシンで縫いつける。
この場合は透明ミシン糸を使用。


4

ブレードを縫い付けた状態。(丸の図案が大き過ぎるのは気にしない。もう遅い)

ブレードを2種類使ってるんだが、思ったより分かりづらかった…。


5

帯。どうしようか迷った挙句、ステンシルで模様を描く事に。

ステンシルシートに手描きの柄を切り抜き、ダイロンカラーファン(布地用手描き染料)で着色。生地はアムンゼン(ポリエステル)に厚手接着芯を接着。

帯自体の作りは、帯本体+飾り帯の2部式。


6

描いた模様。

この描いたフチに金色の刺繍糸で刺繍したかったのだが、時間的に足りないので断念。
よく見ると…絵と模様が違うのはご愛嬌って事で…。

うっかり、うっかり。 orz


7

帯の結び部分。

超厚手接着芯を2枚仕込んでいるのでとにかく硬い。それを輪状にして折りたたみ、ライオンボード1cmを挟み厚みをだしつつ形作る。途中グルーガンで接着。


8

飾り帯に思わぬ重量が掛かったので、本体帯に対して3地点での接続を試みる。(リボン型結び帯は縦結びの状態になる)

画像上から1段目(手で持っている紐)重量の大部分が掛かる結びテープ。これをウエスト上部で縛り付ける。一番力が掛かるので、丈夫な糸でがっちり縫い留める。
2段目。マジックテープ。帯本体との位置、飾り帯の向きの為の接続。着付けの為の仮留めも兼ねる。
3段目。固定の為の帯締め。気分によって変えれるように紐通し作り。

帯本体の結び目、飾り帯の結びテープは帯揚げで隠れるのでモアベター。

それにつけても お も い 。


9

飾り帯装着図。

 お も い 。

帯締めがやたらと色が違ったりヒラヒラしているのは、遊び心です…。
ちなみに帯の裏は、アムンゼンでなくモアレ模様のジャガード。
恐ろしくアレンジが力一杯出来そうな予感。


91

全体着用図その1。

もう少しメイクを濃くしてもいいかもですね。ちなみに着物着用時の補正として、バスタオルを二つ折りして巻いています(笑/苦しい)
画像はデジタルギャラリーあかふじ様より。


92

着用図その2。

自分では帯を巨大に作りすぎたかな~と思ったのですが、「これぐらいが見栄えするよ」と言って頂けました。
帯揚げの色とか…なんか違うものが付いてるのは…生地に柄が入ってたりとかは…どうなんでしょう、アリなんでしょうか?私はコスプレのオリジナリティというものは、ある程度節度を保てばセーフだと思っているんですが…。