cookey0426.cocolog-nifty.com > 【サマーウォーズ】仮ケンジぬいぐるみ製作【アバター】

1

型紙は毎度、市販のテディベア型紙から拡大、展開して作ります。
ベアの鼻先とんがりは不要なのでとりあえず丸く。仮ケンジの俵型の頭部になるよう拡大していきます。

今回の生地、用尺
フリース生地140cm幅 黄色50cm、茶10cm、ベージュ20cm
綿ニット(Tシャツ)90cm幅 30cm
フェルト各色、テディベア用鼻パーツ20mm、詰め綿500g


22

頭部。頭の切り替えだけで4枚も型紙があるとか!仮のくせに生意気なんだよ!(笑)
後ろ頭の茶色波型切り替えは手縫いで。茶色切り替えは顔中心にも来るので、頂点を縫い残しベア用鼻を差し込むようにしています。


3

頭部側面。
側面も丸く出っ張るようにダーツを入れてみたが…あまり目立たない。

ちなみに全てミシンで縫ってますよ。


4

ベア用鼻。
三角に尖った形なので、ひたすらヤスリで削ってみた。

ニャンコ先生(これも手作りです)が見てる!


5

お耳。
頭にとりあえず綿をパンパンに詰めて、耳、目、鼻などのパーツ位置を決めていきます。
決まったら手縫いで縫いつけ~。


1_2

手足と胴体。
ある程度頭部の形が決まってから、フリーハンドで手足胴体の型紙を作ります。
ここから型紙作って裁断して縫ってはやり直し、というエンドレス作業が続きましたが…以下略。
結局フリースはどれぐらい無駄になったのだろう(白目)


22_2

頭部の綿詰め作業。
綿を詰めたら糸でぎゅーっと縫い締めます。これを胴体に縫いつけ。


3_2

手足ジョイント。
手足が動くように、市販のテディベア用ジョイントを使います。綿を詰める前の胴体に、先にジョイントで手足を接続。その後に綿詰め。

お尻の部分にペレット(重り)入れればよかったなぁ。


4_2

顔、胴体まで一応完成。対比に公式ガイドブック。
顔の横にある毛(ヒゲ?)はカットしたフリースを刺し込んでみました。端がほつれないようにピケ(アルコールほつれ止め液)を使ってます。

この画像を先にミクシイにあげたら、「全裸!全裸!」と言われて噴きました。


5_2

難関箇所の尻尾。
「とりあえずデカく作っとけ!」って感じでもないので…散々悩んだあげく、裏表で色を変え、先端にダーツをとって厚みを持たせてみる事に。更に裏表の縫い代にワイヤーを入れて形作るようにしました。
この画像は尻尾一本目。小さかったのでやり直し。


1_3

少々ブッ飛んで(仕事と修羅場と風邪っぴきが重なり、ロクな画像を撮ってませんでした…)Tシャツ。
胴体を適当に測ってTシャツ。本体と違い本気で一発縫いのため、ちょっと形が雑ですね!どんぐりの絵もパソコンで描いてアイロンプリントをしたかったのですが…そんな高等技術持ってませんでした…。イラレとかフォトショとか持ってませんが何か。


6

せっかくなのでナツキコスで記念撮影を。
ナツキ衣装は「確か着物って…こうだったよね?」という勘のみで製作(笑)

画像はおなじみ「デジタルギャラリーあかふじ」様より。いつもありがとうございます。